肌トラブルを改善するには|年齢の衰えを取り戻すフェイスリフト技術|信頼のおける名医

肌トラブルを改善するには

女の人

大人でも悩ましいニキビ

ニキビは思春期だけでなく、大人になってからもシミなどの肌トラブルの要因となり得ます。思春期のニキビは皮脂の過剰分泌が原因で一過性のものですが、大人のニキビは肌のバリア機能が低下している時に起こります。ニキビ跡を残さないようにするには、肌のバリア機能を回復する治療を行うことが大切です。もしニキビ跡になってしまった場合、皮膚科などで治療を受けることができます。ニキビ跡には茶色に色素が沈着してしまったもの、赤く炎症が残ったもの、クレーター状になってしまったものなどがあります。特に、クレーター状になってしまったニキビ跡は自然治癒する可能性が低く、後々まで残ってしまう場合があります。皮膚科では、レーザーを利用して肌の再生を促す治療が行われます。

皮膚科を受診する時の注意

皮膚科でニキビ跡を治療する場合、場所によってはレーザー治療が健康保険適用外となり高額になることもあります。そのため、きちんと費用については確認しておきましょう。通院に関しては1回の治療で終わらない場合が多く、複数回数か月間に渡って治療を受けることになります。また、レーザー治療は一時的に肌を傷付けることになる、ということを理解しておく必要があります。例えばクレーター状のニキビ跡を治療する場合、フラクセルやフラクショナルCO2レーザーなどが使われます。どちらも一度ダメージを与えて、肌自身の再生を促すことでクレーター状のニキビ跡を改善するものです。フラクセルは皮膚の深部にレーザーでダメージを与え、フラクショナルCO2レーザーは皮膚に微小なスポットを開けます。治療法が肌質に合うかどうか、リスクはあるのかどうか、きちんと相談して決断することが大切です。